さまざまな種類がある|バランサーやセレックで安心製造を実現|未来を作る3Dのチカラ
工場

さまざまな種類がある

基板

電子機器などに使用されているプリント基板は、外国で安く制作を依頼することができますが、外国製品は品質が衰えているなどの問題点が挙げられます。文字がにじみやすい、ホコリが溜まっている、剥がれやすいなどの問題に困っている人は、日本のプリント基板制作業者に依頼しましょう。日本製のプリント基板は、品質が良いだけではなく、衛生面も徹底されているのでホコリなどのトラブルが起こる心配がありません。また、業者の中には、安い価格で依頼できるプリント基板制作業者もあります。さらに、短期間で納品してくれるので急なトラブルにも対応してもらえます。安心でき、高クオリティーなプリント基板を制作してほしい人は、日本の業者に依頼しましょう。

プリント基板にはいくつの種類があります。紙フェノール基板といって、クラフト紙などを材料にしているプリント基板は、安価で加工性に優れているのが特徴です。しかし、熱や湿気、衝撃などに弱いので取り扱いには充分注意しましょう。高周波回路設計に適しているのがセラミック基板です。セラミック基板は、酸化アルミニウムを用いたグリーンシートを使用しており、熱伝導率が高いことが特徴です。コストが高いため、大量生産には適していませんが、高周波回路設計に最も適したプリント基板だといえます。コストを抑えたプリント基板がほしい人はガラスエポキシ基板を使用しましょう。強度が優れており、さらに高周波回路にも用いられています。さまざまな企業が使用しているので、信頼できるプリント基板だといえます。