白くて美しい被せ物|バランサーやセレックで安心製造を実現|未来を作る3Dのチカラ
工場

白くて美しい被せ物

白い歯

海外で主流となっているセレックは、ここ最近日本でも多くの人が導入しています。セレックは、歯科で使用されているテクノロジー技術です。セレックで制作するセラミック製の被せ物は、天然の歯とほとんど同じ強度をしています。そのため、安全性に優れており、これまでの歯科治療では得られない安心感があります。また、セレックで制作した被せ物は、審美性にも優れているので、審美歯科から多く利用されています。セレックの必要性や特徴を正しく把握して、歯科に導入しましょう。セレックは、自分で歯科に導入することも可能ですが、セレックで歯を制作している業者に依頼することも可能です。業者では短い期間で納品してくれるので、患者を待たせる心配がありません。

セレックは、3Dカメラで口内をスキャンします。その後、モニターで立体画像として表示し、設計を進めていきます。そのため、被せ物をする歯以外にも、周りの歯との位置関係や口内の形、骨格なども全て把握した上で制作を進めることができるのです。しかし、セレックは保険適用外の治療方法なので、患者によってはセレックが適さないこともあります。セレックで被せ物を制作する際は、患者に注意点や特徴などを正しく伝えた上で行なう必要があります。セレックは美しさ以外にも清潔感が優れていることや、変色の心配がないことが大きな魅力です。しかし、治療費が自己負担になるので経済面では注意が必要です。セレックによる被せ物の制作は、今では多くの歯科が利用しています。